整備・修理事例

カムアジャスター・マグネットスイッチコネクター部よりシール不良

カムアジャスターのマグネットスイッチのコネクターよりオイル漏れ。
ここからオイル漏れをするとオイルがハーネスを伝わり、エンジンコンピューターまで達します。
最悪はエンジンコンピューターがダメになってしまいます。
コンピューターにオイルが混入してしまうと修理はほぼ不可能。
コンピューター本体の交換になってしまいます。

修理事例

エンジンコンピューターのコネクター部にオイルが付着してます。
この場合、カムアジャスターマグネットスイッチ交換をしただけでは、再度オイルが伝わってしまう可能性があるので、対策品ハーネスを取り付ける必要があります。


  • 対策品ハーネス

  • 取り付け

  • コネクター部を縦に固定し、
    オイルが伝わりにくい様に対策。

基本的に対策品は、コネクター内部のパッキンが改良されているので、オイル漏れの可能性はありません。
車両が入庫した際は、コネクター部にオイルが混入していないか確認し、早期対策をしましょう。
エンジンコンピューターがダメになってからでは、目も当てられません。

ウォーターホース劣化

エンジンを始動すると大量のクーラントが漏れてきました。
水漏れのリーク点検を行いましたが加圧が出来無いほどです。
水漏れ箇所は目視にて確認出来ませんでしたが、インレットマニホールド下より漏れがあるようでした。

修理事例

インレットマニホールドを取り外して見るとVバンクの間を
通るウォーターホースに亀裂が入っておりました。


  • 部品を注文して見ると、ウォーターホー
    スはプラスティック製からアルミ製へ変
    更となっておりました。
    つまり対策品へ変更という事です。
    Vバンクのウォーターホース上部に取付
    られている3本のウォーターホースも、
    対策品へ変更されておりました。

この車種のの水漏れは、3本のウォーターホースとその下のウォーターホースより水漏れするケースが、多いようです。
もし大量の水漏れがエンジンよりあった場合は、疑って見た方が良いかもしれません。

VANOSソレノイド・バルブ Oリングよりオイル漏れ

修理事例

ソレノイドバルブのコネクター部分にオイルが付着しています。


  • ソレノイドバルブを取り外しOリングを交換。
    矢印の先に古いOリングが付いています。

  • ソレノイドバルブをエンジンより取り外した状態。

オイル漏れ部分をきれいに清掃し組み付けました。
今回は診断にてソレノイド・バルブ本体に故障がなかったのでOリングのみ交換し作業は終了しました。

お見積り・お問い合わせ

ホームページからのお見積り・お問い合わせを承っております。
右のボタンのお問い合わせフォームよりお申し込みください。

お見積り、お問い合わせはこのボタンからどうぞ。

このページの先頭へ戻る

ボッシュカーサービス